CHISAによる「Between The Lines」セルフライナーノーツ

1.呼吸

一曲目にふさわしい、新たなCHISAの始まりに息を吹きかける楽曲。
緊張感が伝わる一発録りでのレコーディング。
息づかいや、音での繊細な会話、メンバーの呼吸が感じられるはず。
毎回、歌も演奏も変わるため、もう二度と再現できないテイクを封じ込めました。
「瞬間」を切り取った音楽。リアルな音の海にどっぷり浸かって欲しい。

2.ゆびきり

ギターを弾きながら、ぼんやり作った曲。
気づけば、”永遠はどこにある?”と追いかけても答えのでない大きなテーマを考えていて、それを歌詞に落とし込みました。
80’sを感じさせるサウンドは、とてもクールで自然と体が揺れてしまうはず。
難しいことは何も考えずに、ただノリノリで聴いてもらいたいです。

3.SYNCHRONICITY

“どこにいても繋がっている。私はあなたの味方だよ”
それを、ただ言いたくて出来た曲。
ライブではみんなで手をあげて、ステージ、フロアがひとつに繋がれる
コミュニケーションツールのような一曲です。
インディーズ時代から歌い続けてきた、この曲のおかげで沢山の人と繋がれました。
この先も、この曲をキッカケに色んな方と繋がっていけますように!

4.Dreamy Star

CHISAの制作スタジオは、クリエイター自身によるDIYで
古い一軒家を音楽スタジオに生まれ変わらせた、おもちゃ箱のような場所。
そこで飼っていたハムスター達が空に旅立ってしまって、彼らの為に書いた曲です。
小さな体で精一杯生きていた彼らの人生を、一つの物語のように描きたかった。
切ないけれど、煌めくストーリー、壮大でポップで…
これぞCHISAの真骨頂の”セツナファンタジー”!

5.かよわき透明人間

ウエケンさんこと、上田ケンジさんに書いていただいた曲。
このタイトルと歌詞をみたときの衝撃。
こんなことを言える人になりたい、と思った。
きっと私も見えない誰かに、何かに見守られている気がして…
“一人じゃない”
透明人間と二人三脚で生きているような…なんだか勇気が湧いてくる。
バンドサウンドに乗せて、さらっと大切なことが詰まっている曲。

6.アイリーン

ウエケンさんにしか描けない名曲。
どこか懐かしいサウンドは、どこまでも優しくてあたたかい。
間奏のコーラスが重なっていく部分では、汽車に乗って、自然豊かな故郷の景色を眺めている、そんなイメージ。
あなたにはどんな景色が浮かんでいるだろう?
ふっと肩の力を抜いて、デモのつもりで録った歌が採用されました!

7.願いはひとつ

キレイごと、優等生、真面目、と笑われてしまうかもしれない。
それでも私が信じてきたこと。
歪んだギターと、透明感たっぷりなコーラスが、後押ししてくれる。
このアレンジが送られてきた時、なんとも言えない気持ちになって喉の奥が熱くなってしまった。轟音の美しさ。
普段あまり使わないが、あえて使いたい。
これはきっと”エモい”…!

8.Friday Night

アルバムはここから夜の世界へ。
すれ違う 大人の恋愛模様を描く、ある物語に影響を受けて作った曲。
なんでうまくいかないの…と感情移入しまくりで、10分で出来上がってしまった。
ジャズを感じるアレンジで大人っぽく、艶っぽい、どこか危うい、そんな雰囲気をまとった楽曲になりました。

9.クロールインザダーク

夜つながりでもう一曲。
アルバムの中でも、特に異彩を放っている楽曲。
エレクトロサウンドが気持ちいい!
歌も難易度が高い…!
音楽仲間として、ずっと一緒に過ごしてきた、としくん(和田敏明)の楽曲が、こうしてアルバムに入るということが、とても感慨深いです。
歌詞は、”RIRIMATE”という作詞ユニットを結成して、共作させてもらいました!

10.ムーンラビットNo.2

ウエケンさんの歌詞を深く読んでいくと、ハッピーエンドなのになぜか切なくて、なんとも言えない気持ちになってしまう。
この曲には、みんなで歌ったコーラスがたくさん入ってるのですが、大好きな人たちの顔が浮かんできちゃって個人的に泣きそうになります。
映画みたいな曲。自分のお葬式にかけて欲しい。

11.Candle

誰でも経験のある、どうしようもなく心細くて寂しい夜。
孤独な夜から抜け出すために作った曲。
“RIRIMATE”として、共作でアイデアを出しながら歌詞を書きました。
今までで一番、自分の弱さをさらけ出した内容になってます。
この曲で誰かの孤独を”救いたい”
この曲が、少しでも明日を生きよう、と思ってもらえるような光になりますように。

12.Amulet

物事には必ず終わりがつきもの。
それが絶対なら、その瞬間まで、楽しい未来の約束を出来るだけ交わしたい。
約束があるから、あともう少しって踏ん張れたりする。
約束って、まるで”お守り”みたいだなぁって。
自分の中で何かが吹っ切れたときに生まれた曲。
私の伝えたいことは、この曲に全部詰まってる。